☆ 山の足あと・・・☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 燧裏林道〜尾瀬ケ原   2016.7.31

<<   作成日時 : 2016/08/30 22:46   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0




ブナの原生林と大小の湿原、静かな尾瀬を歩く。


画像









御池から燧ケ岳の北面を通る燧裏林道。

尾瀬の山域でも人の少ないルート、山友さんと。

画像












画像







天気は上々。

早朝の空気が清々しい。




画像










画像








大小さまざまな池塘、湿原、草原が次々と現れ、飽きることのない道。

画像









画像








画像








画像








気温は上がっているのだがブナの森はわりと涼やか。

交差する人も数組。  じつに気分が良い。



樹林、湿原を交互に繰り返し、

一旦下って三条ノ滝へ寄り道。

画像








水量十分、見ごたえあり。

画像






滝からはしばらく登り。




画像








画像








画像










1時間ほどゆるく登って 平坦になると尾瀬原無料休憩所。

ほっと ひといき。

画像









そして、隣接する温泉小屋。

尾瀬はやっぱり ゆっくり泊りが良いよね〜 と話しつつ見送り。

画像









見晴十字路へ向かう。

画像








画像







尾瀬ケ原 ならではの開放感。

画像







画像






4時間ほどかけて見晴到着。

本日の目標はここまで・・・の予定。


弥四郎小屋さん前ベンチにてしばし休憩。

画像







30分ほど休み、さてどうする。

このまま往路を戻るか・・・。

龍宮まで行ってみるか・・・。


時間は11時。 時間、体力ともにまだ余裕あり。(このときまではそう思っていた)

ということで、龍宮から東電小屋周りで帰ることに。
(この選択がのちにかなり足が疲れる結果となる)

画像









画像








歩荷さんのいる風景も ならでは。

画像








画像








画像







ヨッピ橋から東電小屋方面では人影を見かけることもなくなり、

また静かな尾瀬となる。

画像







東電小屋前のベンチで休憩。


ふたたび燧裏林道に入り御池へ戻る。



画像








画像








1998年以来かなり久しぶりの燧裏林道。

今回は日帰りにもかかわらず龍宮まで足を延ばした結果、かなりくたびれた。


最後は雷の音が聞こえはしたものの、

雨に降られることなくブナの森と広大な尾瀬ケ原をたっぷり歩いた充実のいちにち。




やっぱりひっそり 静かな山はイイネ。


画像











YAMARECO






2016.7.31


御池〜燧裏林道〜三条ノ滝〜見晴〜龍宮〜ヨッピ橋〜燧裏林道。



Kyazu ・ 山友Sさん 






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
燧裏林道〜尾瀬ケ原   2016.7.31 ☆ 山の足あと・・・☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる