竜ヶ岳  (福島県 会津地方)   2018.5.5




低山なれどピリッとした山にて春の息吹。



こどもの日

会津方面の山が候補。

朝の雨も昼前には上がる予報。

出だしが遅いということもありいくつかの候補から短時間で歩くことができる山を選択。

西会津の低山 竜ヶ岳。



画像










登山口にある民家の住人に駐車のことわりを入れ、身支度をしている間に青空広がる。


民家の脇から杉の林を抜け沢沿いに進む。


画像










細い沢を何度か跨ぎ、雪渓の先で踏み跡が見当たらなくなる・・・

というところで地図を確認し右手の急尾根を見上げると薄い踏み跡らしきものが見えてくる。


取り付きからすぐの岩場に鎖とロープあり。 傾斜はほぼ垂直だが足がかりは良い。


画像











画像









新緑萌える春の渓


画像









一本調子の急斜面、木の枝につかまらないと登れないような登りが山頂まで続く。



サワフタギの白い花、イワカガミ、ツツジの赤など

花のあるところで一息つきながら。


画像











画像












背後の景色も見応え十分。


画像















急登を登り切れば右に少しで山頂。


画像











山頂には塩喰ルートからの5人パーティ。

山都の岳人と栃木からの4人、しばし山の話などしながらおにぎりをほおばる。


こちらは449m経由の周回予定なので一足先に腰を上げる。




手前にこれから歩く岩尾根、奥は大倉山。


画像











豪雪地ならではの風景。


奥には台倉山~夜鷹山~大倉山の連なり。


画像










両側が切れ落ちた細い露岩、風が強くかなり緊張する。



画像










周回尾根は薄い踏み跡はあるが、あまり人の手が入っていない様子。

そのうちヤブに帰してしまうような感じだ。





画像










このあたりの山は、山に登る。登山。というより

山に遊ぶ。というほうがしっくりくる。



画像















三つのこぶ、右端が竜ヶ岳山頂。



画像













これから行く尾根。


画像












歩いてきた尾根。

画像










眼下は関根の集落だろうか。


画像













こちらは水沢の集落、奥に大倉山。



画像














安座の集落

どこも背後に急峻な山が迫る。

狭い谷を切り拓いた先人たちの苦労が見える集落。


画像












尾根末端付近ではビックリな巨岩!


画像










最後は薄い踏み跡もなくなりヤブも濃くなるが顕著な尾根を踏み外すことなく出発点に戻る。



駐車お礼の声掛けをして無事下山。










2018.5.5

竜ヶ岳  りゅうがたけ   532m

福島県  西会津


単独







反時計回りで週j回

画像








この記事へのコメント